かちにてまいる

Apr.-Aug.2017:鹿児島佐多岬から北海道宗谷岬までの日々報告

番外編2日目: 稚内市 → 剣淵町

06:56 道の駅わっかない 出発
12:50 道の駅けんぶち 到着
8689歩

 

今日は、人生初のヒッチハイクをしてみる予定だ。
でも、スケッチブックもマジックも持っていない。
わざわざ買うのも面倒だし、そもそも店が開く時間じゃない。
まぁいっか。

 

海沿いは見たから、内陸を行こう。
そのためには豊富側へ向かう道まで行った方が話が早い。
ということで南稚内のさらに向こう、40号が南に向かう場所まで4kmくらい歩く。
結局、歩くのかぁ。

 

横道が無くなり、豊富方面への車だけになる所まで行くとなると、市街地の始まりの某K電気前がちょうど良い。

 

8時25分、車道左側の歩道に立って親指を立てる。
なんか気恥ずかしさはあるが、このポーズで合ってるはず。
10分、20分、時間と車だけが過ぎていく。
けっこうスマイルを振りまいてんだけどなぁ。

 

風が強く、超寒い。
ダウンを着て、カッパも着て最強装備状態。
おまけに乾いていない洗濯物がリュックに掛かっている。
もう少し不審者感を抑えた方が良かったか?
1時間立ってダメなら、素直に18切符で帰ろう。

 

そう思っていたら、一台のセダンが左ウィンカーを出した。
おっ。
でも過ぎて行く。
と思ったら、今度は右ウィンカーを出して道をUターンしている。
絶対これは!
と思ったらホントにそうで、すぐ横につけるためにわざわざ帰ってきてくれた。

 

9時6分、立ち始めて30分で親切なご夫婦に出会えた。

 

ご夫婦は稚内に住んでおり、士別に親戚が集まるので、そこに向かうところだという。

道中、コーヒーやソフトクリームを買ってもらいながら、士別の少し先にある剣淵の道の駅まで送ってもらった。

 

ちなみに、内陸の40号線沿いは何にもなく、所々に牧場があるだけ。
そのためヒッチハイクをしている人はほとんど見かけないとのこと。

 

だろうな。

 

「いつも何もないこの道を2人でドライブするからホント退屈で。でも今日はお話ができてあっという間だったわ。」
と奥様にお礼を言われたが、いえいえ、こちらこそありがとうございました。

 

友人との待ち合わせは12日で余裕があるので、まだお昼だけど本日の泊まり場はここ。
札幌に行ってしまっても寝にくいだけだしね。