かちにてまいる

Apr.-Aug.2017:鹿児島佐多岬から北海道宗谷岬までの日々報告

112日目: 白老町 → 苫小牧市

07:33 ふれあい広場 出発
16:30 道の駅ウトナイ湖 到着
50832歩(total 5130898歩)

 

ふれあい広場は、海からの湿気がすごいのか、テントを張ったそばから露がつき、朝にはけっこう濡れていた。

 

朝御飯を食べていると、通りがかった近所のオバチャンに話しかけられ、さらにごみを出しに出てきたオバチャンも加わり話をした。
最初のオバチャンがごみ出しオバチャンに
「鹿児島から歩いてきたんだってぇ。」
というと、
「えー。」
と悲鳴にも似た叫び声をあげた。
嬉しい反応だが、まだ5時過ぎでっせ。
少し話して2人とも帰ったが、ごみ出しオバチャンがもう一度来て、緑茶とブラックコーヒーをくれた。
「北海道も暑くなるから、飲んで!」
おー、オバチャンありがとう。
どっちもションベン行きたくなりそー。
コーヒーは夕方に道の駅に着いてからだな。

本日の道程は、国道36号線で苫小牧に向かい、途中から県道781号線で苫小牧を抜けてウトナイ湖まで。

 

苫小牧市に入り、駒大苫小牧のあたりから県道781号線へ。
駒大苫小牧って、とまだいこまこまいって言われても聞き流してしまいそう。)
36号を通るよりもこちらの方が見るものがあるかなと思ってこちらを選択。
車道も歩道も幅があって店も多く、3.5kmほどの並木道もあり、気持ち良く歩けた。
f:id:Poooh:20170725175752j:image

 

苫小牧駒大の東側に公園があり、トイレ有り、東屋有りで野宿できる。
平日の日中でも親子連れが多くいたので、休日はものすごい人かも。

 

今日は風呂に入ろうと公園湯ってのに行ったら、月火と休みで入れず。
440円。
白河にあった風呂屋と同じく、人工炭酸泉らしい。

 

ウトナイ湖に近づくにつれ飛行機が増え、空自の訓練機も幾度か見た。
千歳近隣に住む人は大変だな。

 

本日の泊まり場は、道の駅ウトナイ湖
東屋はないので、軒下にお邪魔するしかない。
駅裏は湖で、時期になると白鳥が来るみたい。
f:id:Poooh:20170725175711j:image