かちにてまいる

Apr.-Aug.2017:鹿児島佐多岬から北海道宗谷岬までの日々報告

107日目: 八雲町 → 長万部町

08:10 さらんべ公園 出発
18:00 長万部町役場駐車場 到着
48112歩(total 4901945歩)

 

さらんべ公園は、基本的には静かで良いのだが、昨晩は盛りのついた高校生がやってきて、騒がしくしていた。
10人以上で肝試しに来てたみたい。
けっこう暗いからわからんでもないけど、お化けよりも熊の方が怖いって。

 

公園には駐車場もあって、車中泊もしやすいみたいで、オジサンが1人いた。
トイレに行った時に話しかけられ、コーヒーまで淹れてくれたので、そっから1hくらい話した。

 

オジサンは登別の人で、背広の移動販売をしていて、平日は車中泊をしながら各地の役所などを回っているらしい。
9時の訪問まで暇で、ちょうど良さそうな話し相手がいたので、コーヒーを淹れて絡め取った感じ。
今日は長万部まで行くと話したら、オジサンも長万部で寝るつもりだから、定宿の役場横の駐車場に来い、とのことなので今日の泊まり場はそこ。

 

八雲の町を出てすぐくらいに、vitzに乗ったお姉さんが
「良かったら乗ってく?」
と言ってくれたが、歩くのが目的みたいなもんなので丁重にお断りした。

 

さらに今日はもう1人、右車線を歩いていたらわざわざ左車線から大声で
「乗ってくか?」
と言ってくれるオジサンが。
ありがたいが、やっぱりお断りしたら、オジサンが寂しそうに
「そうか、歩くか...。」
って。
何かゴメンね。

 

長万部までは、駅周辺がちょっと賑わっているくらいで、あとは何にもないので、駅ごとに休憩を取った。

時々お花が咲いているのを眺めるくらいしか見るものはない。
f:id:Poooh:20170720190858j:image

 

山崎の駅を出てすぐに、昨日、缶コーヒーをくれたジッチャンに再会。
こちらに気付いて横道に入って待っててくれた。
ファンキーな紫のサングラスをしていて、今から奥さんと積丹半島に行くらしい。
別れ際にまた缶コーヒーをくれ、さらにお茶のペットボトルに水を入れたのをくれた。
f:id:Poooh:20170720191023j:image

 

途中でママチャリ看板族に遭遇。
向こうが話しかけてきたので話したが、フラフラ漕いでるし、イヤホンはしてるしで、死にてぇのかテメェ、なんて思うはずがないじゃないか。
何より、猛者どもが集まるこの北の大地で看板を掲げていると、滑稽に見えてしまった。
それに気付かずに爆進するのもまたいとをかし。
あの看板は、北海道以外の土地ではそれなりの意味を成しているのかもしれないが、ここでは蛇足感が半端ない。
自転車旅なんて皆見慣れているから、見ればわかるという感じ。

 

長万部の除雪ステーションは、日中はトイレを解放しており、利用。
トイレの建屋内の壁には、ブラックジャックによろしくの絵を利用した、「除雪者によろしく」の漫画があり、除雪者の仕事がわかりやすく、かつ面白く紹介されていて、立ち寄るのも良いかも。

 

長万部といえば温泉。
ホテル併設の共同浴場へ。
銭湯価格の440円。
f:id:Poooh:20170720191029j:image
スッゲー良い湯。
かなり味のある塩化物泉なんだけど、ヌルッとしてて気持ち良い。
熱めで、温い側の浴槽はまぁ入れるが、熱い側はチリチリする(でも入れなくはないくらい)。
脱衣所で話したオジサンが帰り際に、缶コーヒー2缶と栄養ドリンクをくれた。

 

そして役場傍のスーパー、ドラッグストアで買い物して役場横の駐車場へ。

トイレは24h使えるらしい。
が、東屋の類いは無い。
おい、オッサン。
19時になっても来ねぇし。
屋根は駐輪場をちょいと借りるかな。
役場のでかい軒下は、流石にテントを張りづらい。