かちにてまいる

Apr.-Aug.2017:鹿児島佐多岬から北海道宗谷岬までの日々報告

65日目: 浜松市 → 掛川市

06:39 教育文化会館の駐輪場 出発
18:40 道の駅掛川 到着
59965歩(total 2851969歩)

 

なめくじって、なんでわざわざテントにやって来るんだろうか。
雨の日にテントを張るとすぐにやって来る。
ナメクジネットワークにでも見張られているんだろうか?
昨晩の間に、テント外を這う2匹を内側から撃退していたら、朝には1匹もいなかった。
あいかわらずうんこを落としていっていただいて。

 

本日の道程は、旧東海道の浜松宿、見付宿、袋井宿、掛川宿を通って日坂の手前の道の駅まで。

 

久々の朝から雨。
テンションだだ下がり。
ただ今日は、掛川宿で振袖餅にお目にかかれる。
それだけを楽しみに歩こう。

 

天竜川を越え、見付宿に入る手前で磐田駅前を通るのだが、そこにあるクスノキがスンゲー立派。
マナの樹って感じ。
樹齢700年くらいって。
ここまでくると、迫力ってかエネルギーっていうかがすごい。
まっ、雨だから撮影はめんどくさくてしてないんだけどさ。

 

袋井宿から掛川宿は野宿できそうな公園がたくさんあった。
いつもならちゃんとメモってるんだけど、雨でめんどくさいのでおぼろげな記憶を頼りに。

 

袋井宿の中心あたりには、宿場公園ってのが2ヶ所あって、いずれもトイレ有り、水場有り、東屋有りで、片方は道路から至近だが、民家からはある程度距離があり野宿できると思う。

 

袋井宿から出る所に、花茣蓙公園というのがあり、トイレ有り、水場有りで野宿できるだろう。
屋根がほしければ、すぐ近くの同心橋の下はテントが張れる。

 

あとは、西掛川駅の近くでも野宿できそうな公園を見た気がする。
たぶんトイレ有り、東屋有りだったと。

 

掛川宿では、町並みをほとんど楽しむことなく、もちやへ向かった。
f:id:Poooh:20170608225722j:image
東海道中膝栗毛を読んで、なぜか振袖餅という名前が頭に残っていて、食べてみなくちゃと思っていた。
通常の白ときな粉をまぶしたものがあるのだが、今日は17時の到着なので、6個入りもバラ売りも白しか残っていない。
きな粉も食べたかったけどしょうがない。
また掛川に来たときの楽しみということで。
1個120円で、6個入りを購入。
f:id:Poooh:20170608225800j:image
つぶ餡を餅が薄く覆ったような構造で、あんこを食べている感じ。
甘さ控えめでけっこうボリューミー。

 

今日の誤算は掛川宿から道の駅までの距離。
道の駅の名前が掛川なので近いのかと思っていたら、次の日坂宿の直前くらいにあり、掛川の町から6~7kmある。
宿外れで晩飯の材料を買って1時間ちょっと歩いて、本日の泊まり場、道の駅掛川へ。
道の駅内にセブンがあり、食事処のテーブルや椅子も自由に使えて便利。

 

外でバーナーで飯を作っていたら、車旅のオジサンに話しかけられ、1000円のカンパをしていただいた。
ありがとうございます。

オジサンにはほんとモテるなぁ。