読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かちにてまいる

Apr.-Aug.2017:鹿児島佐多岬から北海道宗谷岬までの日々報告

31日目: 周南市 → 柳井市

09:45 友人宅 出発
20:50 市役所横緑地 到着
58673歩

 

人の家で睡眠は安心できるせいか、朝まで目を覚まさずに寝られた。
朝はゆっくりして出発しようとしたら、友人が「途中まで一緒に歩くよ。」と。
あまり歩くのに適したとは思えないスニーカーで歩き始めた(運動靴を実家に置いたままだったようだ)。


本日の道程は、国道2号線を進み、下松市街地を抜けて国道188号線を柳井まで。

下松市街を過ぎたところにある恋ヶ浜緑地公園はトイレ有り、軒下有りで野宿できそうだった。

 

光駅近くの虹ヶ浜海水浴場もトイレがあり、野宿はできそうだった。
f:id:Poooh:20170505232010j:image

 

さらに、光駅から188号を東に少し行くと道沿いに公園があり、そこはトイレ有り、東屋有りで野宿できそうだった。東屋は真ん中にテーブル等が無く、より雨の影響を受けなさそうな構造だった。

 

今日は40km程度の距離だが、 友人は途中から足裏や膝、腰・背中が痛いと訴え始めた。
歩いたときに自分にだけ起きていた症状ではなかったのだな、と安心した。
体力に自信があった分、歩きの辛さが身に染みただろうなと思う。

やはり、ペラペラ靴底のスニーカーでは20kmくらいが限度か。

 

友人とは柳井駅で別れ、テントが張れそうな屋根付きの場所を求め歩いた。

 

本日の泊まり場は、市役所横の緑地にある歩道の高架下。
f:id:Poooh:20170506224656j:image

トイレ有りで、軒下の面積も広い。たどり着いた21時には人はほとんどいなかった。

 

日中に靴の裏の写真を撮ったので、載せておく。
f:id:Poooh:20170505232222j:image
1ヵ月経つと靴底が局所的にすり減って、自分の歩きの癖がよくわかる。