かちにてまいる

Apr.-Aug.2017:鹿児島佐多岬から北海道宗谷岬までの日々報告

21日目: 佐賀県武雄市 → 佐賀市

08:08 白岩運動公園 出発
16:36 県立博物館前 到着
44938歩

 

夜に雨が降った。予報にはなかったのに。
せっかくの洗濯物がビチョだよ。

 

本日の道程は、国道34号線を東進し、国道207号線から佐賀市街を目指す。

 

熊本の氷川町、島原で会った原付旅人のオジサンにまた会った。
前方から見たことあるような原付が、たくさんの荷物を積んでやって来るので、すぐにわかった。
オジサンはお接待をしてくれようとしたが、周囲のお店はまだ開いていないような時間帯だったので、少し話して別れた。
縁があればまたどこかで会うでしょう。

 

この他にも、佐賀市に入ってから長崎街道を歩くジッチャン3人とも会った。
名前に「藤」が付く4人で四藤会と名乗り、地図を見ながらゆっくりと街道を巡っているようだ(今日は3人)。
「何かの縁だ。」
といって記念写真を撮り、実家に写真を送ってくれることになった。
14時過ぎでしんどい時間帯だったので、一気に元気が出た。

 

同志に会うとそれだけで嬉しくなるし、元気が出る。

 

佐賀の街は野宿しにくい。
城周りをうろついただけだが、トイレはあれど、東屋がある公園がない。
今日は夜半から雨の予報なので屋根がほしい。

 

結局、博物館前のベンチあたりでテントを張り、人がいなくなったのを見計らって博物館の広い軒下に移動。20時頃。
トイレは近くにある。

 

もしかすると佐賀市街に入る前の嘉瀬川の橋の下で手を打っておくべきだったかもしれない。
橋のたもとにトイレもあったので、十分野宿できる場所だった。佐賀市街より2.5kmくらい手前。